平日13時までのご注文は当日発送。10000円以上送料無料。

マスク生活に負けない!喉の筋肉が弱まることで起きることとは?【鍛え方もご紹介】

マスク生活に負けない!喉の筋肉が弱まることで起きることとは?【鍛え方もご紹介】

 

新型コロナウイルスにより、世界中の人がマスクをして生活することになりました。マスク生活により肺などの呼吸器に何らかの影響あるかもしれないと考えることは、当時から決して難しいことではなかったと言えるでしょう。しかし、マスク生活により「喉」の機能自体が低下してしまう人も少なくありません。

喉は呼吸はもちろん、食物や水分を飲み込み体内に送るという役割を持ちます。この「喉」の機能が弱まると、必要な食事が取れなくなったり、誤嚥(喉つまりや水分でむせたりする)などの事故が起こりやすくなるのです。また、喉の機能が弱まると話すことも難しくなるので、大きなストレスを感じる人もすくなくありません。

この記事では、マスク生活による喉の機能の低下を防ぐ方法をご紹介します。

 

「喉」が弱くなると、こんな困ったことが起こる

マスク生活が続いたり、呼吸器関連の病気になったときに人工呼吸器などを使用したりすると、その後喉の機能が低下することがあります。喉を動かすのも筋肉であるため、その筋力が低下すると、喉が十分に機能しなくなるのです

では、実際に喉の筋肉が弱くなると、どのような影響が日常生活で起こるのでしょうか。

① 声が小さくなる。大声が出せなくなる

まず、喉の機能が低下すると、声が小さくなったり大きな声を出すのが難しくなったりします。

人間は、肺から喉にある声帯へ空気が送られると、声を発することができるようになっています。実はこの声帯も人間の筋肉なのです。そのため、疲労することもあれば筋肉がダメージを受けることもありますし、もちろん声帯が使われないとその筋力は弱くなってしまいます。

このように、マスク生活が長くなり、人と話す機会が少なくなると声帯の筋肉が弱まり声が出にくくなることもあるのです。

 

② 食べ物を飲み込むのが大変になる

喉から人間の体内に入るものは、外気と食物の2つです。マスク生活が長くなり、喉が弱くなると、食物の摂取にも問題が起きるようになります。というのも、マスクで顔が隠れることにより、表情筋を動かすことが少なくなります。

そのため口の周りの表情筋の筋力が低下すると同時に、ものを飲み込む時にはたらく喉の筋肉の筋力も低下してしまうのです。その結果、食事の時などにものを飲み込むことが難しくなるだけでなく、喉詰まりが起きたりむせたりするようになります。

 

③ 肺活量が変わることも

マスク生活により、喉の機能が弱まると肺活量自体が変わる場合もあります。こちらの記事で指摘されている通り、マスクをつけたままスポーツのトレーニングをすることで呼吸筋が鍛えられた結果、肺活量が上る可能性というのもたしかにあります。

しかし、ほとんどの人の場合、マスクをして日常生活をすることにより、話す機械などが減り、その結果肺に入る空気の量が減ることのほうが大きな問題となるでしょう。また、肺活量が減るとますます声が出にくくなるなどの影響も考えられます。

 

「喉」を鍛えるには、「呼吸」を鍛える

① 呼吸が弱くなると、喉も弱くなる

喉の機能を弱める理由の一つとして考えられるのが、呼吸が弱くなったことです。喉には外気の通り道である「気管」と水や食物の通り道である「食道管」の2つの管があります。

この2つの管はともに筋肉によって動いています。マスク生活が長くなると、人はどうしても浅い呼吸になりがちです。すると、この記事を参考にした通り、特に気管を動かす筋肉が弱まり、ますます呼吸が浅くなってしまいます。そして、一層喉の機能が低下してしまうという悪循環が発生してしまうのです。

 

② 呼吸を鍛えるには、「呼吸筋」を鍛えよう

喉の機能を維持あるいは向上させるために、呼吸を鍛えることは有効な方法でとなるであろうことはすでに述べました。では、特にマスク生活の中で呼吸を鍛えるにはどのようにしたら良いのでしょうか。最も効率的な方法は、呼吸筋を鍛えて、マスク越しでも十分な呼吸ができるようになることでしょう。

呼吸筋は体の上半身を中心に存在しており、この筋肉群を鍛えることで、深く大きな呼吸ができるようになります。呼吸筋を鍛えるための方法は複数ありますが、具体的な呼吸筋のトレーニング方法としては、例えばこちらの記事を参照にすることをおすすめします。

 

喉の筋肉を鍛える方法とは

喉を鍛えるということは、喉の筋肉を鍛えることと同じことを意味します。では、喉の筋肉を鍛えるための具体的な方法とは、どのようなものがあるのでしょうか。例えば、次のような3種類の方法が考えられます。

① おしゃべりやカラオケ

喋らないことあるいは声を出さないことが喉の筋力を低下させる原因であるならば、それとは逆のことをすると喉の筋肉を鍛えることになります。つまり、おしゃべりやカラオケはストレス解消になるだけでなく、喉の筋肉を鍛える正しい方法でもあるのです。

とは言え新型コロナウイルスの感染拡大の心配もあり、なかなか人と顔を突き合わせておしゃべりをする機会を見つけるのは難しいことですし、それ以上に友人たちとカラオケを歌う機会もないのが現状ではあります。

そうしたときには、電話やWEB電話をフル活用して友人たちとおしゃべりしたり、一人カラオケを思い切り楽しむなどの方法をおすすめいたします。

 

② 呼吸法を変える

呼吸法を変えることも喉の筋肉を鍛えることに繋がる場合があります。喉の筋肉を鍛えるためには、呼吸筋を鍛えることができる「深く大きな」呼吸ができるようになることが必要です。

そんな「深く大きな」呼吸法としてリラクセーション呼吸マインドフルネス呼吸などがあります。こうした呼吸法を日常的に取り入れることにより、呼吸筋と呼吸のための喉の筋肉が鍛えられ、結果的に喉の機能自体が改善することもつながります。

 

③ 呼吸筋トレーナー「エアロフィット」を使おう

呼吸筋を鍛えた結果として喉の機能を向上させたいと考えるならば、呼吸筋自体を直接刺激しながら鍛える専用の器具を使うことも有効な方法となるでしょう。呼吸筋トレーナーの「エアロフィット」を日常的に使うことで、呼吸筋が鍛えられ、同時に喉の筋肉も鍛えることができます。

また、「エアロフィット」は器具に直接域を吹き込むことで、呼吸筋を直接鍛える事ができるため、なれない呼吸筋トレーニングをしながら「はたしてこの方法で呼吸筋が鍛えられているのだろうか」という不安に悩まされることもありません。喉の機能を向上(あるいは回復)させるために、呼吸筋トレーナー「エアロフィット」を活用するのもおすすめです。

 

人生をいつまでも楽しむために、喉の筋肉を鍛えよう

「喉」は人間の体内に外気と栄養をもたらすための通り道というべき場所です。そのため、喉の働きが悪くなると、人間の生命活動に直接影響を与えることになります。一般的な筋トレで「首」を鍛えることはできても、「喉」を鍛えることはできません。

人間の喜びのでもあるおしゃべりと食べることがいつまでもできるように、しっかりと喉も鍛えるようにしましょう。

 

古い記事
新着記事

コメントを残す

なお、コメントは公開前に承認される必要があります。

購入はこちらから

メールマガジンを登録する

新規メールマガジン登録者に割引クーポンをプレゼント。(登録後届くメールマガジンに記載されています。)

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

検索

あなたのカートは空です
購入する