平日13時までのご注文は当日発送。10000円以上送料無料。

使い方ガイド

0.手入れ方法について

1.基本的な使い方

各エクササイズについて1分程度で紹介いたします。

概要

強く吸って、自然に吐く基本の呼吸筋トレーニング。吸うときは、横隔膜意識して動かします、吸い切ったときにはお腹まわりが膨らみます(腹式呼吸)。お腹に手をあてながらやるとより膨らみを感じることができます。
吐くときは、吸った時間のおよそ倍の長さで自然に肺から息が抜けていくことを意識しましょう。横隔膜に負荷がかかることを意識しながら鍛えていきます。
負荷を上げながら6~8週間続けると呼吸筋が向上します。

各エクササイズについて10~30回程度を秒数のカウントダウン、呼吸回数のカウントとあわせて一緒にやるための動画です。

概要

強く吸って、自然に吐く基本の呼吸筋トレーニング。吸うときは、横隔膜意識して動かします、吸い切ったときにはお腹まわりが膨らみます(腹式呼吸)。お腹に手をあてながらやるとより膨らみを感じることができます。
吐くときは、吸った時間のおよそ倍の長さで自然に肺から息が抜けていくことを意識しましょう。横隔膜に負荷がかかることを意識しながら鍛えていきます。
負荷を上げながら6~8週間続けると呼吸筋が向上します。

2. 肺活量を増やす

各エクササイズについて1分程度で紹介いたします。

概要

ベーシックと同じ要領で大きく吸って、5秒キープ、そして強く吐く肺活量向上トレーニング。しっかり息を吸って、すべて吐き切るのがポイントです。
吐くときは、肋骨まわりとお腹まわりを絞る感覚で息を吐き出しましょう。
負荷を上げながら6~8週間続けると呼吸筋が向上します。

各エクササイズについて10~30回程度を秒数のカウントダウン、呼吸回数のカウントとあわせて一緒にやるための動画です。

概要

ベーシックと同じ要領で大きく吸って、5秒キープ、そして強く吐く肺活量向上トレーニング。しっかり息を吸って、すべて吐き切るのがポイントです。
吐くときは、肋骨まわりとお腹まわりを絞る感覚で息を吐き出しましょう。
負荷を上げながら6~8週間続けると呼吸筋が向上します。

3. メンタルの調子を整える

各エクササイズについて1分程度で紹介いたします。

概要

ゆっくり吸って、5秒キープ、ゆっくり自然に吐く心身のリラックスを目指したエクササイズ。
吸うときは新しいエネルギーを取り込み、吐くときに心配ごとなど息と一緒にだしてしまいましょう。
毎日3~20分程度のエクササイズがおすすめ。

各エクササイズについて10~30回程度を秒数のカウントダウン、呼吸回数のカウントとあわせて一緒にやるための動画です。

概要

ゆっくり吸って、5秒キープ、ゆっくり自然に吐く心身のリラックスを目指したエクササイズ。
吸うときは新しいエネルギーを取り込み、吐くときに心配ごとなど息と一緒にだしてしまいましょう。
毎日3~20分程度のエクササイズがおすすめ。

4. 上級のトレーニングを学ぶ

  • 高強度の呼吸筋トレーニング
  • 中負荷の吸気筋トレーニング
  • 呼吸筋柔軟性トレーニング
  • ハイパーベンチレーショントレーニング
  • 無酸素性代謝閾値トレーニング
  • 集中力強化エクササイズ
  • 三角形型マインドフルネス

※エアロフィット購入後ログインすると表示されます。

購入はこちらから

Sold out

メールマガジンを登録する

新規メールマガジン登録者に割引クーポンをプレゼント。(登録後届くメールマガジンに記載されています。)

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

検索

あなたのカートは空です
購入する