平日13時までのご注文は当日発送。10000円以上送料無料。

【肺を鍛えると、喘息は良くなる?】呼吸筋を鍛える効果を検証

【肺を鍛えると、喘息は良くなる?】呼吸筋を鍛える効果を検証

 

子供だけでなく、大人でも苦しんでいる人が少なくない喘息。

基本的にはお医者さんにみてもらったり、投薬治療をしながら徐々に直していくことが必要となります。

しかしそれ以外にも日常生活を見直したり、運動を取り入れることで喘息を軽くする助けになります。

今回の記事では、喘息を軽くする一つの方法として、肺を鍛えるということを提案します。

肺を鍛えるための具体的な方法はどのような方法なのでしょうか、そもそも肺は鍛えることができるのでしょうか。

こうした疑問をこの記事で解明していきます。

 

喘息って何? 喘息の原因は?

非常に強い咳が長時間続く印象のある喘息。

でも、喘息とは一体どのような状況のもとに発生し、何が原因となっているのでしょうか。

 

① 喘息とは気管支が慢性的に炎症している状態

喘息とは、気管支が慢性的に炎症を起こしている状態のことを意味します。

気管支が炎症を起こすと、気道が赤くなって腫れ、気道が狭くなります。その結果気管の粘膜が弱まり、非常に敏感になります。

すると、気管に何らかの異物が入った場合に炎症を起こしている気管の内部が過敏に反応し、咳が出るということになります。

この現象がひんぱんに起こってしまうのが、喘息に苦しむ人です。

 

② 喘息の原因はアレルギーや機能的なもの

喘息は気管の炎症が原因となることはすでに述べました。

それでは気管が炎症反応を起こす原因としてはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、最初はアレルギーによるものが挙げられます。

日常生活の中にある何らかの物質がに対して気管が炎症反応する場合、アレルギーによるものとなります。

具体的なアレルギーを引き起こす物質としては、ダニやホコリ、植物の花粉などがあります。その一方で、何らかの体の機能的な原因で、喘息を起こす場合もあります。

この場合はアレルギーの元にあるものが近くに存在していなくても、例えばタバコや風邪を引いたこと、また肥満などにより気管内部が炎症を起こしてしまう場合があります。

この場合も結果的には咳が出てしまうので、喘息になります。

アレルギーによる喘息はアレルギーのもとになる物質(アレルゲン)を避けることで、喘息で苦しむことを避けることができます。しかし、機能的なものが原因の場合は、その原因そのものを取り除く必要があります。

 

肺を鍛えることはできるのか

喘息は本当に苦しいもの。

そんな喘息を減らすために、肺を鍛えたいと考える人も少なくはないでしょう。では、肺を鍛えて喘息を減らすには、どのようなことが有効なのでしょうか。

 

① 肺自体を鍛えることは難しい

人間の呼吸をつかさどる体の気管は肺です。しかし、実は肺は筋肉ではありません。

そのため肺自体が大きくなったり小さくなったりするわけではありません。

呼吸する時は肺の周りの筋肉が動くことで、肺が大きくなったり小さくなったりして、外気が体内に入ったり体外に出たりします。

そのため、肺自体を鍛えたりストレッチしたりすることは意外と難しいのです。

 

② 呼吸筋を鍛える=肺を鍛える

肺自体を鍛えることはかなり困難ですが、肺を動かす筋肉を鍛えることはできます。

呼吸をつかさどる筋肉を呼吸筋と呼びますが、その呼吸筋を鍛えることで深く大きな呼吸ができるようになり、喘息のリスクを減らすことができる可能性があります。

呼吸筋があるのは人間の上半身です。

上半身にある殆どの筋肉は何らかの形で呼吸に関わっていますが、特に重要な呼吸筋があるのは胸のあたりとお腹の辺りです。

胸のあたりにある主要な呼吸筋は肋間筋や横膈膜であり、お腹の辺りは腹直筋が重要な呼吸筋になります。

呼吸筋は筋肉なので、ストレッチすることはできますし、筋トレすることはできます。このような呼吸筋を鍛えることが肺を鍛えることにもつながります。

 

③ 呼吸が変わると喘息が軽くなることも

喘息だけでなく呼吸器官に問題にある人の多くは、胸が縮んでいることが多いので、浅い呼吸が日常的になっている人が多いのです。

しかし、呼吸筋が鍛えられて、深くて大きな呼吸ができるようになると、腹式呼吸ができるようになります。

深い呼吸ができるようになると、呼吸数が減るようになります。その結果、気管の負担が減り、喘息がおこりにくくなる可能性があります。

 

呼吸筋を鍛えて、喘息を軽くしよう!

呼吸筋を鍛えることが肺を鍛えることにつながることは前の章で説明しました。

では具体的に呼吸筋を鍛える具体的な方法とはどのようなものになるのでしょうか。具体的な方法としては、次のような方法があります。

 

● 肋間筋を緩める【呼吸筋マッサージ】

喘息に苦しむ人は、胸式呼吸の人が多いです。

そのため、胸の呼吸筋が疲労していたり、筋肉が固まっている人も少なくありません。そのため、浅い呼吸になり、体に良くない影響を与えていることがあります。

この浅い呼吸は様々なデメリットを生み出すため、この固まった胸の筋肉特に肋骨周辺にある肋間筋をリラックスさせることが最初のステップになります。

具体的な肋間筋マッサージ方法は次の記事を参照にして、ゆっくり深い呼吸をしながら実施されることをおすすめいたします。

また、上部の肋間筋をマッサージとしては、首から鎖骨そして肩までの三角の部分を指先でマッサージするのも良いでしょう。このマッサージだけで、胸のあたりが楽になる人もいるでしょう。

【マスク生活での息苦しさを解消】肋間筋のマッサージを始めよう!

 

● 横膈膜をリラックス【呼吸筋ストレッチ】

胸式呼吸のときも腹式呼吸のときもはたらく筋肉が横膈膜です。

横膈膜はほぼ24時間休みなく働いています。そのためかなり疲労している可能性の高い筋肉の一つです。この横膈膜を軽くストレッチするだけで、呼吸が楽になることもあります。

横膈膜のストレッチは下記の記事を参考にして頂くことをおすすめします。また、ヨガのポーズの中にも、横膈膜のストレッチに役立つポーズがあります。

  1. まず、床に四つん這いになり、両手の間に左足をおきます。
  2. その後右手を床に置き、左手を上に伸ばします。この姿勢で5回ほどします。
  3. 呼吸した後、最初の四つん這いに戻ります。
  4. 今度は両手の間に右足を置き、続いて左手を床に置き、右手を上にのばします。

呼吸筋を鍛えるためのストレッチとは、どのようなもの? そしてその効果とは?

 

● 腹直筋を鍛える【呼吸筋筋トレ】

腹式呼吸で重要なのは、いわゆる腹筋と呼ばれる腹直筋です。

この腹直筋を使って呼吸ができるようになると、お腹が凹むだけでなく、
姿勢が良くなるため、喘息が楽になります。

腹直筋の筋トレの方法は、こちらの記事を参考にして頂いたり、横になってお腹の辺りに本などの重りをおいて腹式呼吸を繰り返す等の方法があります。

お腹に負荷をかけるときには、軽めのものから初めて徐々に重くしていくことをおすすめいたします。

また、特別な負荷をかけなくても、日頃から腹直筋を使うことを意識しながら呼吸するだけでも、腹直筋を鍛えることに繋がります。

呼吸筋を筋トレ方法とはどのようなもの? 呼吸筋を鍛えると腹圧は上がる?

 

呼吸筋と肺を鍛えて、喘息をコントロール

喘息がある人は、生活環境の見直しも大事ですが、呼吸の仕方そのものを見直すことも、有効な治療方法になります。

肺を動かす呼吸筋を鍛えて、正しい呼吸ができるようになれば、肺の負担も減少し、喘息が起こりにくくなる可能性があります。

適度な運動は喘息に苦しむ人には必要なもの。ハードな運動をする必要はありませんが、呼吸筋を鍛えることも立派な運動の一つです。

呼吸筋と肺を鍛えて、喘息の苦しみを軽減させましょう。

 

古い記事
新着記事

コメントを残す

なお、コメントは公開前に承認される必要があります。

購入はこちらから

メールマガジンを登録する

新規メールマガジン登録者に割引クーポンをプレゼント。(登録後届くメールマガジンに記載されています。)

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

検索

あなたのカートは空です
購入する