Skip to content

最大33%オフ!節分の日キャンペーンは1月24日から2月3日まで

呼吸筋を鍛えると日常生活はこう変わる。効果はここでわかる!

呼吸筋を鍛えると日常生活はこう変わる。効果はここでわかる!

人間は平均すると1日に2万回呼吸するといわれています。実は呼吸で動くのは人間の肺ではなく、肺を動かす筋肉を中心とした呼吸筋と呼ばれる筋肉群です。

この呼吸筋を鍛えることにより呼吸がしやすくなることは簡単に想像できますが、では、呼吸がしやすくなることにより、体にはどのような効果が現れるのでしょうか。この記事では、呼吸筋を鍛えることによる効果を、日常生活における具体例も含めてお届けします。

 

呼吸筋を鍛えることで、体に起こる効果とは

人間の呼吸をつかさどる筋肉群が呼吸筋と呼ばれます。筋肉なので、意識次第で鍛えることもできますし、加齢や病気なので筋力が弱くなることもあります。

では、呼吸筋を鍛えることにより、体にはどんな変化があるのでしょうか。大きく分けて次の3つが考えられます。

①呼吸筋の動きが活発になる。

呼吸筋を鍛えることにより、呼吸筋が大きく活発に動くことができるようになります。人間の呼吸を担当する体の器官は肺ですが、実は肺自体が動いて外気を取り込んだり吐き出したりしているわけではありません。

肺の周囲にある呼吸筋、具体的には胸部にある外肋間筋・内肋間筋・横隔膜や腹部にある外腹斜筋・内腹斜筋・腹横筋等が動くことで、肺が広がったり縮んだりして呼吸ができるようになるのです。

こうした呼吸筋を鍛えることにより、呼吸筋が大きく強く動くことができるようになるのです。その結果呼吸筋の動きが活発になります。

②筋肉が正しく動くことにより、姿勢が良くなる。

すでに述べたように、実は呼吸は上半身全体の筋肉を使う行為なのです。そのため、呼吸筋を鍛えて上手に使えるようになると、上半身の筋肉を常に鍛えていることになり、まず筋力が付きます。

上半身に筋肉がつくと、体の姿勢が良くなり、背筋が伸びて姿勢が良くなります。姿勢が良くなって、胸が大きく張った状態で歩けるようになると、胸が開いてより一層呼吸しやすくなります。呼吸筋を鍛えることと姿勢を良くすることは、つよい相互関係があるのです。

③体の中の酸素量が増える。

呼吸筋を鍛えるとより多くの酸素を体の中に取り入れることができるようになります。体の中の酸素量が増えると、同時に脳へ行き渡る酸素量も増えます。その結果脳の働きや精神状態にまで変化が現れる場合があります。体の中の酸素が増えると、冷え性などが解消されたりする人もいます。

このように呼吸筋を鍛えることにより、様々な良い影響が体に現れると考えられます。しかしその一方で、もしも呼吸筋が何らかの要因でその筋力を失うと、上記のような効果がなくなり、心身に悪影響を与えるということになります。

 

呼吸筋を鍛えると、日常生活はこう変わる

呼吸筋を鍛えることにより、体や脳によい影響を与えるであろうことは、前の章でご理解いただけたかと思います。

では、呼吸筋を鍛えた人あるいは鍛えている人は、日常生活がどのように変わる可能性があるのでしょうか。具体的な変化としては、次の3つのことが起こる可能性があります。

①スタイルが良くなる、あるいはスタイルが良いと思われるようになる。

前の章で述べたとおり、呼吸というのは上半身全体の筋肉を使う行為です。そのため、呼吸筋を鍛えると上半身の筋肉を24時間鍛えているような状態になります。その結果上半身全体の筋肉強化され、姿勢が良くなります。

その結果立ち姿や歩く姿が美しくなり、スタイルが良くなったような印象を与えることができるようになります。実はこうしたとき、意外と体重自体は大きく変化していないことのほうが多いのですが、筋肉が正しい形で体についた結果、いわゆる「しゅっとした」体型のように見えることがあります。

②体が疲れにくくなる。

呼吸筋を鍛えて体の中の酸素量が増えると、脳や体の隅々に酸素が行き渡るようになります。そのため、いわゆる持久力がつくため、長い距離を歩いたり走ったりしても体が疲れにくくなります。

日常生活では階段の上り下りや坂道を登るときなどに息が切れて苦しい思いをすることが減ってきます。そのため、今まで以上に長い時間活動し続けることが可能になり、体力がついたことを実感できるようになるでしょう。

③集中力が増し、気持ちが安定しやすくなる。

呼吸筋を鍛えると、体だけではなく脳にもより多くの酸素が行き渡るようになります。そうすると、集中力が向上し、仕事や勉強を効率的に行うことができるようになります。

また、脳へ酸素が十分に供給されるようになると、通称幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌が増えて精神的に安定し、不安を感じにくくなります。また、脳にも酸素が十分に行き渡ると頭痛が軽減する可能性もあります。

酸素が欠乏すると脳内の血管がひろがり、周囲の三叉神経などが刺激されます。その結果、酸欠による頭痛に苦しむ人が多いのです。しかし、酸欠が解消されると頭痛もなくなり、大きな心身のストレスが一つ減るということになります。

 

呼吸筋を鍛えると、スポーツをする人はこう変わる

呼吸筋を鍛え、スポーツを日常的に行っている人にも様々なメリットがあると考えられます。

では、体内により多くの酸素を取り入れることができるようになると、具体的にどのようなメリットがスポーツをするときに見られるのでしょうか。次の3つの可能性を検証します。

①持久系のスポーツをより長く楽しめるようになる。

体内に酸素をより多く取り入れられるようになると、マラソンやジョギング、自転車や水泳などの持久系のスポーツに大きなアドバンテージとなります。

持久力が向上するため、より長い距離(あるいはより長い時間)走ったり泳いだりすることができるようになりますし、スピードを上げてもそのスピードをより長い時間維持できるようになります。

また、呼吸筋を鍛えると、持久力を回復する能力も早くなるので、トレーニングや試合が続いても疲れにくくなるという効果もあります。

②ゲームやレース中の集中力や判断力が持続するようになる。

スポーツをしているときというのは、体だけでなく、脳も意外と酷使しているものです。レースやゲーム中に刻々と変わる状況に対応するためには、脳へも酸素が行き渡らる必要があります。

逆にいうと、心身が酸欠状態でプレーしているときというのは、プレー自体の正確さも失われやすく、ゲーム中の判断も間違えやすいということになります。

また、酸素が不足すると集中力も途切れがちになります。脳をしっかりと動かし、適切な判断をするためにも、呼吸筋を鍛えることは有効なのです。

③怪我等でプレーできないときでも、最低限の筋トレができるようなる。

本格的にスポーツをしている人は、様々な怪我に悩まされがちです。いったん怪我をすると、治療し回復したあとのリハビリ期間を経て、スポーツの場に復帰することになります。

この治療期間、大きな怪我であるほど体を休めることが必要になります。しかし、怪我をした場所以外の筋肉はこの回復期間に弱くなってしまう可能性があり、呼吸筋もその例外ではありません。呼吸筋が弱くなると心肺機能が低下し、持久力も減退してしまいます。

幸い、呼吸筋を鍛えるトレーニングはベットに横になったままでもできるものも多く、体の他の筋肉に負担をかけずに呼吸筋を鍛えることができます。その結果、怪我から回復したあと、ゲームやレースの場に復帰するのが早くなるのです。

 

呼吸筋を鍛えて、日常生活を快適に

呼吸をつかさどる呼吸筋は、目に見えやすい筋肉ではありません。しかし、多くの筋肉が連動しているため、少し意識して日常生活を送ると、意外と鍛えやすい筋肉でもあるのです。呼吸筋を鍛えることにより、日常生活でも体が動かすことが苦にならなくなったり、疲れにくくなったりする可能性があります。

また集中力が向上したり、精神的に安定したりする効果も期待できます。ぜひ、呼吸筋を鍛えて、日常生活をより快適にすごすために、ぜひ呼吸筋を鍛えてみましょう。

古い記事
新着記事

コメントを残す

なお、コメントは公開前に承認される必要があります。

Close (esc)

メールマガジンを登録する

新規メールマガジン登録者に割引クーポンをプレゼント。(登録後届くメールマガジンに記載されています。)

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

検索する

あなたのカートは空です
購入する