【毎日続けられる!】呼吸に関わる筋肉(呼吸筋)の概要と鍛える方法3選

【毎日続けられる!】呼吸に関わる筋肉(呼吸筋)の概要と鍛える方法3選_イメージ

 

「呼吸筋って最近よく聞くけれど、一体何者?」

「呼吸筋はどのように鍛えるの?」

「鍛えるとしたらどのように行うべき?」


呼吸に関わる筋肉(呼吸筋)とは、肺が呼吸機能を行う上で必要な筋肉のことです。

この筋肉が存在することで、私たちは毎日滞りなく呼吸ができているのです。

 呼吸に関する筋肉(呼吸筋)が衰えることで、肺機能が弱くなり、息切れなどに繋がってしまいます。

放置すると、症状を余計に悪化させることに。

 

息切れなどへの対策をするには、呼吸に関する筋肉(呼吸筋)を鍛えることが大切。

1日10分、自宅で、エクササイズや深呼吸を行うことで、呼吸に関わる筋肉(呼吸筋)を鍛えることができます。

 その結果、肺機能を鍛えることができるようになります。


では、この記事で呼吸筋の概要から、鍛える方法までもう少し具体的にお話します。

 

【大切!】呼吸に関わる筋肉(呼吸筋)とは?

呼吸に関わる筋肉(呼吸筋)とは、肺が呼吸機能を行う上で必要な筋肉のことです。

呼吸は、肺の周りの筋肉が膨らんだりしぼんだりする活動で、そこに必要となるのが、呼吸関わる筋肉(呼吸筋)の存在。

 

呼吸筋に関わる筋肉(呼吸筋)を構成しているのは、横隔膜・内外肋間筋・胸鎖乳突筋・腹斜筋・腹直筋になります。

呼吸に関わる筋肉(呼吸筋)はお腹~肺の周辺に存在しており、これらの筋肉が膨らんだりしぼんだりすることで、呼吸ができるようになります。

 

呼吸筋に関わる筋肉(呼吸筋)は、日夜活動しており、私たちが生きる上では欠かせない呼吸活動を支えているのです。

参考:日本理学療法協会 文献より

 

このように呼吸を行う上では欠かせない筋肉ですが、衰えてしまうと様々なリスクが発生します。

 では、肺機能が衰えることによるリスクについて、次の項目でお話していきますね。



呼吸に関わる筋肉(呼吸筋)が衰えると..

呼吸に関わる筋肉が弱くなると、以下2つのリスクが発生します。

 

  • 息が浅くなる
  • 疲れやすくなる

これらがあります。

それぞれ、詳しくご紹介していきますね。 

 

息が浅くなる

呼吸に関わる筋肉(呼吸筋)が弱くなると、息が浅くなります。

筋肉の活動が弱くなることで、呼吸活動が弱くなり、一度に取り入れられる空気が少なくなります。

その為、息が浅くなることに繋がります。

息が浅くなることで、息切れを起す原因にも繋がってしまいます。

  

疲れやすくなる

呼吸に関わる筋肉(呼吸筋)の中の横隔膜の働きが弱くなり、「腹式呼吸」が弱くなります。

 

腹式呼吸が弱くなることで、身体の中に酸素を取り入れる量が少なくなります。

酸素を取り入れる量が少なくなることで、エネルギーを生み出すのに必要な燃焼活動が少なくなります。

 

燃焼活動では、酸素を用いて脂肪・コレステロールを燃焼する為、呼吸が弱くなることでエネルギーを生み出しにくくなります。

その結果、身体のエネルギーが少なくなり、疲れを感じやすくなるのです。

 

逆に言えば、これらの筋肉を鍛えることで息切れや疲れやすさなどへの対策ができるということになります。

では、具体的にどのように鍛えていくか、次の項目でお話しします。

 

【自宅でできる】呼吸に関わる筋肉(呼吸筋)を鍛えるには?

【自宅でできる】呼吸に関わる筋肉(呼吸筋)を鍛えるには?_イメージ

呼吸に関わる筋肉(呼吸筋)を鍛えるには、以下3つを行うことが大切。

 

  1. エクササイズ
  2. ロングブレス
  3. 呼吸筋トレーナーを使う

 これら3つが大切です。

  

エクササイズ

1つ目が、エクササイズです。

エクササイズといっても、youtubeなどの無料動画でできる、呼吸筋エクササイズがおすすめです。

参考:エクササイズ

 

上記のような、エクササイズ動画を1日たった5分で、生活の中に取り入れることで呼吸筋が鍛えられます!

Youtube以外でも、呼吸筋を鍛えることができる方法が存在します。

 

簡単な方法としては

  1. 息をゆっくり吸いながら、肩を上げる
  2. 口からゆっくり息を吐きながら、肩を後ろに回して下ろす

youtube以外で呼吸筋を鍛える方法を取り入れたいとお考えの際は、この流れを1日5分程度繰り返しましょう。

 

ロングブレス

2つ目が、ロングブレスになります。

ロングブレスの方法としては、以下の通りです。

 

  1. 息を5秒程度かけてゆっくり吸う
  2. 10秒かけてかけて吐き出す

 

この一連の流れを「1日5セット」繰り返していきましょう。

最初のうちはきついと感じる部分が多いと思うので、まずはできる範囲から繰り返してみて下さいね。

参考:ロングブレス

 

【超簡単】呼吸筋トレーナーを使う

呼吸筋トレーナーを使うことも、呼吸筋を鍛える上では欠かせない要素です。

呼吸筋トレーナーを使用することで、呼吸に関わる筋肉(呼吸筋)が鍛えられ、息切れなどへの対策に役立てることが出来ます。

 

使用方法は、1日5分、口にくわえるだけ。

みるみるうちに呼吸筋を鍛えることができます!

 

しかし、ただ単に呼吸筋トレーナーと聞いても、パッと来ない人もいると思います。

そこで、呼吸筋トレーナーについて、もう少し詳しく解説していきます!

 

【特徴2つ!】aoiroの呼吸筋トレーナー

この項目では、呼吸筋トレーナーの特徴について、もう少し詳しくお話していきます。

 

デンマークを代表する医療企業生まれ

1つ目が、世界が認めたプロダクトであるということ。

aoiroの呼吸筋トレーナーは、デンマークのエアロフィット社が開発した正規品。

 

エアロフィット社は、デンマークを代表する国際的な医療企業で、世界に呼吸筋トレーナーを届けることを使命としています。

エアロフィット社のエンジニアが、一から設計したプロダクトで、即効性を実感できるのが強み。

方法は口にくわえるだけなので、毎日続けることができて、とても簡単です!


毎日5分でOK

呼吸筋トレーナーは、1日5分、口に加えるだけで肺機能が鍛えられます。

専用のアプリ(Airofit)をスマートフォンなどのデバイスにインストールして、使うだけ。

 

好きなシチュエーション・タイミングで使用できますよ。

 

まとめ【呼吸筋プロダクトならaoiro】

まとめ【呼吸筋プロダクトならaoiro】_イメージ

呼吸に関わる筋肉(呼吸筋)について、ご理解いただけたかと思います。

同時に、呼吸に関わる筋肉(呼吸筋)を鍛える方法についても、ご説明させていただきました。

 

呼吸筋を鍛えることは、健康維持には欠かせない大切な要素。

だからこそ、毎日続けることが大切です。

 

aoiroの呼吸筋トレーナーは、毎日無理なく呼吸筋トレーニングを行うことが出来て、即効性も抜群。

「肺活」を行う上でも、呼吸筋トレーナーを検討されてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。