平日13時までのご注文は当日発送。10000円以上送料無料。

【呼吸を変えて代謝をアップ!】ダイエットに効果的な呼吸法をご紹介

【呼吸を変えて代謝をアップ!】ダイエットに効果的な呼吸法をご紹介

健康、あるいは美容のためにダイエットをしている人は少なくありません。また、ダイエットをしたいと考える人もとても多いのが現状ではないでしょうか。


健康的なダイエットをするのに必要なのは「適切な食事と運動」であることは、多くの人が認識していることではあります。しかし、これを実行するのはかなり難しいものです。

ダイエット成功には、体の代謝を良くして新陳代謝をアップさせることが鍵になります。いまよりも新陳代謝を良くすることができれば、ダイエットの成功率もアップします。

新陳代謝を上げるのに、効果的な方法は「呼吸を変えること」です。1日2万回していると言われる「呼吸」という行為を変えることで、新陳代謝がアップできれば、ダイエットの味方になります。

この記事では、その新陳代謝をあげる呼吸法について、ご紹介いたします。

 

呼吸を変えると、どうして新陳代謝が上がるのか?

代謝を上げる方法としては、スポーツで汗を流すこと、あるいはお風呂やサウナに入ることを思いつく人が多いのではないでしょうか。

もちろんそうした方法を取り入れても代謝は上がるのですが、気軽に取り入れることができる代謝UPの方法が、実は呼吸を変えることなのです。

では、なぜ呼吸を変えることで代謝が良くなるのでしょうか。主に次のような理由が考えられます。

 

① 体中に酸素が行き渡り、老廃物が排出されやすくなるから

呼吸を変えることにより、肺の中に入る外気の量が増えることになります。

その結果として体内に入る酸素の量が増え、その酸素は血管や毛細血管を通り体内へ運ばれます。

呼吸が変わり、体内へ運ばれる酸素の量が増え、血流が良くなると、より多くの栄養素が体内に運ばれるようになり、老廃物が血液によって回収されやすくなります。

体の老廃物は血管をとって肝臓や腎臓に運ばれ、体外へ排出されます。そのため、呼吸を変えることで汗や尿の量が増えて、体のむくみが解消される人もいるのです。

こうした体のシステムにより、呼吸を変えて体内に酸素が多く取り込まれるようになると、体の老廃物が排出されやすくなり、その結果代謝が良くなります。

 

② 呼吸筋を正しく使うことで、筋トレになるから

呼吸を変えるということは、呼吸をつかさどる呼吸筋と呼ばれる筋肉群の動きを活発にすることも意味します。人間の肺の動きは呼吸筋によってコントロールされており、呼吸筋が正しく動かないと肺から空気を出すことも、肺に外気を入れることもできません。

呼吸を変えて、呼吸筋を使えるようになると、常に呼吸筋を筋トレしているような状況になります。筋トレをすると鍛えた部分の筋肉や血管が太くなりますが、呼吸筋もその例外ではありません。

呼吸筋をきたえることにより筋肉が太くなり、同時に血管が太くなることで、体内の血流が良くなり、体内に栄養や老廃物が運搬されやすくなるのです。

また、呼吸筋のほとんどは体幹を支える筋肉でもあります。そのため、呼吸筋を鍛えると体幹がしっかりし、他の筋肉も鍛えられ、やはり体中の血流が良くなる結果、新陳代謝がアップするという副次的効果もあります。

 

③ 酸素が十分脳に行き渡ることで、ストレスが減るから

呼吸を変えて、酸素が体中に行き渡るようになると、脳にもより多くの血液が行くようになります。体の中で最も多くのエネルギーを使う器官である脳の血流が良くなると、脳へのより多くの栄養が運ばれるようになります。

その結果、様々な脳のストレスが減少し、心理的ストレスも減少する可能性があります。

心理的なストレスは、身体的なストレスと同様に、人間を非常に強く疲弊させるものです。そのため、心理的ストレスが減少すると、疲労が減り、代謝が改善されることもあります。

 

どんな呼吸が代謝UPに効果的なのか?

では、代謝UPのためには、どのような呼吸を取り入れると良いのでしょうか。

 

基本は腹式呼吸

代謝UPに効果のある呼吸は、酸素をより多く体内に取り入れることができる呼吸です。そのため、基本的には、腹式呼吸がその基本となります。

体の中にある空気を全部吐き出してから、自然に息を思い切り吸い込んでみましょう。その時、お腹がふくらんでいることに気がつく人は多いのではないでしょうか。

そのあと、そのふくらんだお腹を背中にくっつけるようなイメージで凹ませながら、息を吐いてみましょう。この呼吸法を繰り返すだけで、体が暖かくなる人もいるでしょう。

それは体の血流が良くなり、代謝がUPにしている目印となります。

 

胸式呼吸でも効果あり

腹筋を使った腹式呼吸が代謝UPにはもっとも効果的ですが、胸式呼吸でも代謝を上げることはできます。

このときも吐くことを意識し呼吸することで、体内に入る酸素の量が増えます。そのため、どうしても腹式呼吸ができない人は、少々ゆっくりとしたリズムで胸式呼吸を繰り返すことで、代謝のUPを目指しましょう。

 

 

「代謝をUPさせる呼吸法」をマスターするために

代謝をUPさせる呼吸法をマスターするために、意識すべき点は次の2点です。

 

腹筋を使って息を「吐く」ことを意識する

まず、呼吸するときには、息を「吸う」ことよりも息を「吐く」ことに意識を置くようにしたほうが良いでしょう。実は人間の腹筋が使われるのは息を「吐く」ときであり、「吸う」ときではないのです。

一方、代謝のUPのためには筋肉を鍛えることが必要不可欠です。呼吸筋を効率的に鍛えるため、そして体幹を支える筋肉をしっかりと鍛えるために、腹筋をしっかり使って息をしっかりと「吐く」ことに集中しましょう。

ちなみに、息を「吐く」動きを支えている重要な筋肉の一つが「横隔膜」です。そのため、横隔膜を鍛えることも、代謝UPには効果的です。

横隔膜を鍛えよう!初心者でもできる横隔膜ダイエット法を医師が解説

 

リラックスして、深い呼吸を

人間は緊張すると、呼吸が浅くなります。

浅い呼吸は、呼吸筋を十分に使っている呼吸ではありません。そのため、代謝のUPには向いていない呼吸法ということになります。代謝UPのためには、深い呼吸をして、全身の呼吸筋を動かすことが必要です。そのため、リラックスして深い呼吸をすることが、重要なります。

腹式呼吸をするときはもちろん、胸式呼吸をしているときにも、リラックスして深い呼吸をするように心がけましょう。

【呼吸が浅いとどうなるの?】浅い呼吸の原因やデメリット、改善方法を紹介

 

呼吸法は代謝UPに効果的な方法の一つ

新陳代謝をUPさせるために、呼吸法を意識することはとても効果的です。

呼吸筋を鍛えることで、体幹をはじめとする筋肉も鍛えることができますし、酸素を体中に取り込めるようになるため、老廃物を体に排出しやすくなります。

また、呼吸法は特別な道具も必要ない上に、場所を選ばずにトレーニングすることができるので、毎日少しずつ取り入れることができるのも嬉しいところです。

体の代謝を上げたい人は、呼吸法を見直して、ダイエットに励みましょう。

 

古い記事
新着記事

コメントを残す

なお、コメントは公開前に承認される必要があります。

購入はこちらから

メールマガジンを登録する

新規メールマガジン登録者に割引クーポンをプレゼント。(登録後届くメールマガジンに記載されています。)

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

検索

あなたのカートは空です
購入する