努力性肺活量(FVC)の重要性を理解しよう

13時までのご注文は当日出荷、10,000円以上のご注文で送料無料

努力性肺活量(FVC)の重要性を理解しよう

Posted by Aoiro.shopスタッフ, 2021年8月14日

努力性肺活量(FVC)の測定は、肺の健康状態や空気の流れを評価し、病気の診断や治療の効果を確認するために行われるスパイロメトリー(肺機能検査)の一部です。


努力性肺活量とは、できるだけ深く息を吸い込んだ後に、肺から可能な限り一気に吐き出すことができる空気の量のことです。これは、健康上の問題を解決するために知っておくべき重要な測定値であり、身体能力を向上させたい場合にも役立ちます。
ここでは、努力性肺活量がなぜ重要な測定項目なのか、どのように測定されるのか、また、なぜ呼吸法のトレーニングが努力性肺活量の向上に役立つのかをご紹介します。

努力性肺活量(FVC)の重要性を理解しよう

努力性肺活量とは?

努力性肺活量とは、肺の大きさ(単位:リットル)のことで、深く吸った後に吐き出すことができる肺の中の空気の量を表しています。


慢性的な肺疾患を患っている人は、さまざまな肺疾患の診断、監視、治療のために、肺機能を検査することがよくあります。
診断検査であるスパイロメトリーは、スパイロメーター(肺機能のさまざまな測定値を記録する装置)に深く息を吸い込み、力強く息を吐くことで行われます。


スパイロメトリー検査の利点の1つは、疾患の兆候や症状がない場合でも、肺機能の異常を検出できることです。


また、スパイロメトリーは医療行為の効果を評価するためにも使用されます。狭くなった気道を開くために薬を投与した場合は、正常な気流が回復しているかどうかをスパイロメトリーでモニターする必要があります。


FVCが基準値の80%以内であれば、結果は正常とみなされます。

肺活量のパラメータ評価

ある個人の3つの主要なスパイロメトリー測定値(FVC、FEV1、FEV1/FVC比)を基準値と比較します。


基準値は、肺機能が正常な健康な人に基づいており、同じ性別、年齢、身長の人に期待される値を医師に伝えます。
肺活量(VC)とは、最大吸気をした後に排出できる最大の空気量のことです。これは、換気量、吸気予備量、および呼気予備量の合計です。


(VC = V + IRV + ERV)

 

肺活量は、吸気肺活量(IVC)、緩徐肺活量(SVC)、または努力性肺活量(FVC)として測定することができる。FVC は VC と似ていますが、患者が最大の速度と努力で息を吐いたときに測定されます。

努力性肺活量(FVC)

努力性肺活量とは、FVCテストで深く息を吸った後に吐き出すことができる空気の総量のことです。通常、成人のFVCは3リットルから5リットルの範囲である。

努力性呼気量(FEV1)

努力性呼気量とは、深く息を吸った後、1秒間に強制的に吐き出される空気の量(FEV1)のことです。

FEV1/FVC比

この数値は、1秒間に吐き出すことができる肺の大きさ(FVC)の割合を表しています(FEV1)。


FEV1/FVC比の正常値は70%です。FEV1およびFEV1/FVCの異常は、肺を通る空気の流れが減少した結果であり、これは肺の閉塞性疾患が原因となっている可能性があります。


閉塞性疾患の例としては、肺気腫や喘息などがあります。また、制限性疾患と閉塞性疾患の両方が存在する場合もあります。

努力性肺活量と肺機能の理解

まず重要なことは、体は酸素の必要性に応じて自動的に調整されるということです。

例えば、体を動かして筋肉に大量の酸素を必要とするときは、体や筋肉に早く酸素を供給するために、呼吸の速度が速くなります。これは、脳、血管、筋肉、肺のセンサーが酸素と二酸化炭素の量を検知する過程で自動的に行われます。


努力性肺活量テストで測定される、肺から息を吐き出して呼吸する量は、肺機能のもう一つの重要な測定値である残量も示しています。


残存容積とは、最大の力で息を吐いた後、肺に残っている空気の量のことです。言い換えれば、肺から排出されない空気の量です。
残量があることで、肺組織がくっつきにくくなり、O2やCO2の大きな変動を防ぐことができます。しかし、肺に残っているものが多すぎると不健康なので、残量を制限したいのです。


深く息を吸うと残量が減り、同時に肺の容量が増えて、一回の呼吸で吸ったり吐いたりする空気の量が増えます。


深呼吸をすることは、実際にトレーニングやエクササイズをしていることになり、呼吸器系全体を強化することになります。横隔膜、肋間筋、腹筋など、呼吸に合わせて収縮と弛緩を繰り返しています。

肺活量のパラメータの違い

下のグラフにあるように、私たちが吸う空気の量と吐く空気の量は異なります。


図のように、肺の総容量は約5.0リットルですが、通常の呼吸ではそのほとんどが使われません。


肺活量とは、1回の換気で肺に出入りする空気の量のこと。安静時の成人の1回換気量は約1/2リットル(または全肺胞の約10%)である。


予備吸気量は、努力性吸気時に肺に取り込むことができる空気の量(換気量以上)です。


予備呼気量とは、努力的な呼気によって肺から押し出される空気の量である(1回換気量を超えます)。


肺活量とは、肺に出入りできる空気の総量のことである。


肺に自然な限界を設ける要因のほかに、私たちはこれらの異なる容積と容量を訓練して伸ばすことができます。呼吸プロセスの多くは自動的に行われるので、肺の機能と呼吸パターンを最適化するためのトレーニングを行います。


図は、正常な成人の肺気量と肺活量を示しています。

正常な成人の肺気量と肺活量

深い呼吸を鍛えて、パフォーマンスの違いを体験しよう

深い呼吸は、慢性的な肺疾患に悩む人が呼吸を鍛えて働きかけることができ、一般的な身体能力を向上させることもできます。


激しい運動や身体活動によって体がより多くの酸素を必要とすると、より多くの空気を得るために喘ぐようになり、持久力に影響を与えます。より深い呼吸をすることで、一回の呼吸でより多くの酸素を取り込めるように自動的にトレーニングすることができます。

これは、呼吸筋が鍛えられることで、より深い呼吸ができるようになるからです。

また、腹式呼吸で知られる横隔膜の働きも活発になります。


その結果、肺気量が増え、肺活量が高まります。肺活量が増えることで、筋肉に酸素が十分に送られるようになります。つまり、より長い時間、より少ない労力でトレーニングを行うことができるようになるのです。


エアロフィットでは、毎日の呼吸法で肺活量を強化することができます。


積極的に呼吸筋を鍛えることができるので、強度の高い運動をしているときに、より深い呼吸ができるようになります。


深い呼吸は多少エネルギーを使いますが、呼吸のたびに血流に入る酸素の量を増やすことができます。血流中の酸素は、より長く活動する能力を高め、より多くのエネルギーを維持します。

メールマガジンに登録する

最新のワークアウトデバイスなどの最新情報をお届けします。

Thank you!

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。