より多くの酸素を摂取し、体力を増強するための5つの方法

10,000円以上のご注文で送料無料、13時までのご注文は当日出荷

より多くの酸素を摂取し、体力を増強するための5つの方法

Posted by Aoiro.shopスタッフ, 2021年8月14日

健康な成人は、1分間に12~20回の呼吸をしています。しかし、実際にはもっと少なく、1分間に6〜8回程度の呼吸をするのが望ましいとされています。


これだけたくさんの呼吸をしているにもかかわらず、残念なことに最適な呼吸ができていないことに気づけていません。最適な呼吸は、体内の酸素濃度に直結しているため、私たちの健康や幸福に大きな影響を与えます。


この記事では、酸素が私たちにとって重要な理由と、より多くの酸素を摂取するための5つの簡単な方法をご紹介します。

より多くの酸素を摂取し、体力を増強するための5つの方法

私たちのエネルギーの90%は酸素から

呼吸は、化学的・機械的プロセスを用いて、酸素を体の各細胞に供給し、二酸化炭素を排出します。私たちの体は、すべての生命活動に必要なエネルギーを得るために酸素を必要としています。


二酸化炭素は、その過程で生じる排出物です。伝導帯と呼吸帯を持つ呼吸器系は、環境から肺に空気を運び、肺と細胞内の両方でガス交換を円滑に行っています。

実に、私たちのエネルギーの90%は呼吸から来ています。

細胞は、糖や炭水化物、タンパク質などの食物分子の化学結合を解いてエネルギーを放出するために、酸素を必要とします。


体内のすべての細胞がエネルギーを必要としているように、すべての細胞が酸素を必要としているのです。細胞や筋肉に酸素を供給することで、私たちは身体活動を行うことができるのです。

なぜ酸素が重要なのか?

酸素は細胞の最も重要な栄養であり、体のあらゆる機能は酸素に依存しており、体や筋肉の動力源となっています。


肺での呼吸は、細胞に酸素を供給し、脳を働かせ、心臓を鼓動させるため、私たちの体にとって最も重要な優先事項であり、力の源でもあります。


エアロフィットを利用した呼吸筋トレーニング(IMT:Inspiratory Muscle Training)を行うことで、酸素摂取量を大幅に増やすことができます。

呼吸と酸素量

生きているから呼吸をしているわけで、それだけでは酸素量を増やすことの理由にならないのでは?


その答えは、たとえどんなに良い生活をしていても、どんなに体に良い条件を与えていても、より呼吸に集中することで体に刺激を与え、より健康で幸せになることができるということです。つまり、呼吸に集中することは、集中力を高め、エネルギーを得ることができます。


酸素は、私たちの細胞がエネルギーを生み出し、活力を維持し、より高いレベルのパフォーマンスを発揮するために必要な要素です。
したがって、酸素濃度が高ければ、パフォーマンスが向上し、心身ともにエネルギーを得ることができます。酸素が不足すると、肉体的なパフォーマンスが発揮できなくなり、疲労感や倦怠感を感じるようになります。

私たちは呼吸器系から酸素を吸い込み、その酸素は直接血液に入り、さらに血管を通って体内に送り込まれます。赤血球が酸素を運ぶ役割を担っています。


したがって、赤血球の健康状態は、酸素濃度の重要な要素となります。しかし、酸素のレベルは、人や環境要因によって大きく異なります。

私たちは呼吸をするとき、酸素を取り込み、二酸化炭素を排出します。このガス交換は、肺の下部にある肺胞で最も効率的に行われます。


そのため、深い呼吸は重要です。深呼吸によって空気が肺胞に到達しガス交換が行われ、血液に酸素が渡り、血液中の酸素濃度が高まります。

血液中の酸素濃度の測定方法 - SPO2

医学的には、SPO2(経皮的動脈血酸素飽和度)は人の血中酸素濃度を推定するときに使われる用語で、世界中の患者の治療の標準となっています。


SPO2とは、経皮的動脈血酸素飽和度の略で、血液中の酸素飽和度を意味しています。SPO2の数値は、パルスオキシメーターで測定します。


SPO2値はパルスオキシメーターで測定され、血液中の酸素量が最大容量と比較してどの程度であるかを推定します。正常なSPO2値は94%~99%です。


肺疾患のある方は、通常、SPO2値が低くなります。SPO2が90%以下になると危険で、心臓、肺、肝臓に負担をかけることになります。

より多くの酸素を摂取し、体力を増強するための5つの方法

より多くの酸素を得るには?

酸素は、私たちの細胞や体の機能、体力に欠かせないものです。そして、酸素の量が多ければ多いほど、私たちの身体はより活動します。


より多くの酸素を得るためのトレーニング方法はいくつかあります。有酸素運動もその一つですが、酸素量を増やすためには、運動だけでは不十分です。


有酸素運動では、心肺機能を鍛えることができますが、それだけでは呼吸が最適になるとは限りません。
ここでは、酸素を増やすために重要な5つの方法をご紹介します。

1. 新鮮な空気を吸う

窓を開けて外に出ましょう。新鮮な空気はあなたにエネルギーを与え、さらに大量の酸素を肺に運んでくれます。

2. 水を飲む

肺に酸素を供給し、二酸化炭素を排出するためには、肺に水分が必要です。したがって、十分な水を飲むことが酸素濃度に影響します。私たちは、1日に平均して約400ミリリットルの水を失っています。

3. 鉄分の多い食品を摂る

ある種の食品は、血液中の酸素濃度を高めるのに役立ちます。鉄分は、赤血球という血液を全身に運ぶ細胞に必要なミネラルです。鉄分が不足すると、疲れやすくなるのはそのためです。


鉄分を多く含む食品は、ケールやブロッコリーなどの緑の葉色野菜、りんごなどの果物、豆類、卵や鶏肉、魚などの赤身のタンパク質です。

4. 運動

酸素の利用率が高ければ高いほど、細胞はより多くのエネルギーを生産することができます。酸素の利用率が高まれば、持久力も高まります。
パフォーマンスと酸素摂取量には明確な相関関係があります。これはVO2max(最大酸素摂取量)で測定されます。VO2が高いほど、持久力は高くなります。酸素量を増やすには、インターバルトレーニングやスプリントトレーニングが最適です。

5. 呼吸トレーニングをする

呼吸の質を向上させるには、運動だけでは不十分です。運動をしても、実際に肺活量や酸素摂取量を活用できているかどうかは保証できないからです。酸素濃度を高めるためには、呼吸トレーニングが欠かせません。


ゆっくりとした深い呼吸は、血液中の酸素濃度を高めます。酸素は呼吸器系を通って体内の血液に運ばれるため、呼吸が最適でないと酸素濃度に影響を与えるのです。


同じ理由で、多くの人やアスリートが呼吸法のトレーニングをはじめると、大きな違いを感じることができます。呼吸法は、持久力を強化するだけでなく、集中力を高めて落ち着いた呼吸をすることで、心身をリラックスさせる効果もあります。

エアロフィットの呼吸トレーニングデバイスを使用することで、自分の体力を継続的に向上させることができます。より長い距離を走ったり、より重いウェイトを持ち上げたりできるようになるのと同じように、エアロフィットによって呼吸筋はより強くなります。

メールマガジンに登録する

最新のワークアウトデバイスなどの最新情報をお届けします。

Thank you!

1件のコメント

  • とてもわかりやすい!

    meg

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。