息切れに悩んでいた70代のピーケーさん12か月のエアロフィットストーリー

13時までのご注文は当日出荷&10,000円以上のお買い上げで送料無料

10分以上歩けず、
掃除機を5分もかけられず、
庭仕事も億劫に、、

Posted by Aoiro.shopスタッフ, 2021年9月2日

この記事では、エアロフィットがスポーツの世界以外の人々にどのようなプラスの影響を与えることができるかを紹介した。プロのアスリートは、呼吸筋のトレーニングから大きな恩恵を受けることができ、肺活量を高めることでパフォーマンスを向上させることができる。しかし、それだけではありません。肺の病気を患っている多くの人々にとって、呼吸のトレーニングは人生を変えるほどの改善と計り知れない成果をもたらす。ここでは、定期的に呼吸法のトレーニングを行うことで、人生の改善に成功したエアロフィットユーザーの体験談をご紹介する。

息切れに悩んでいた70代女性の呼吸筋トレーニング・エアロフィットストーリー

プロフィール

名前:ピーケー(匿名)

性別:女性

診断:COPD(慢性閉塞性肺疾患)

年齢:71歳

喫煙:1日3-5本

職業:経理(引退)

 

ピーケーさんは、2010年末にブックキーパーの仕事を退職し、その5年後にCOPD(慢性閉塞性肺疾患)と診断された。

慢性閉塞性肺疾患と診断された。この病気はすぐに彼女の日常的な身体活動を制限するようになった。2019年には、10分以上歩くことができず、掃除機をかけるのに5分もかけられず、庭仕事をするのも億劫になった。これらはすべて、すぐに息切れしてしまうから、ゴールデンリタイアを描いていたはずが、、

 

同年、ピーケーさんと彼女の夫は、デンマークの国営テレビでエアロフィットを勧める理学療法士に出会った。彼女の薬以外の解決策を探していた旦那さんは、彼女にエアロフィットを試してみるように勧めた。1年間継続して使用した結果、彼女は退職後の日々を好転させるほどの優れた効果を得た。

トレーニング

エアロフィットには様々なトレーニングプログラムが用意されており、他の多くのユーザーと同様に、ピーケーさんも自分のニーズと目標に合わせて独自のトレーニングプランを構築できた。呼吸筋が弱く、肺活量が低かったため、まずは1日2回のトレーニングを朝と夜に行い、1分間のセッションを「ビギナー」レベルで行うことにした。すぐに、”もう少し自分を奮い立たせることができる”と感じるようになった。その後、1日15分、朝と夜に行うようになった。下のグラフは、彼女が行ったエアロフィットトレーニングセッションとその時間を示したものである。

息切れに悩んでいた70代女性の呼吸筋トレーニング・エアロフィットストーリー

彼女のお気に入りのセッションは「エレベーション(Elevation)」で、12ヶ月間で合計5,459分ものトレーニングを行った。ピーケーさんはエアロフィットでのトレーニングを他の習慣と同じように扱い、身体的に無理をしようとしたことは一度もなく、一貫したトレーニングに集中した。2020年10月時点では、彼女は絵アロフィとの最もアクティブなユーザーとなった。

トレーニング結果

肺活量

エアロフィットプロでは、その日のその人の肺活量を測定することを重視している。肺活量とは、1回の呼吸で肺が吸ったり吐いたりできる最大の空気量のことである。肺活量の測定は、一日のうちの同じ時間帯に、主食の前に行うことをお勧めする。ここで重要なのは、肺活量検査の方法を一貫して行うことである。

 

下のグラフは、過去52週間のピーケーさんの肺活量計測値の変化を示している。

息切れに悩んでいた70代女性の呼吸筋トレーニング・エアロフィットストーリー

過去52週間のピーケーさんの肺活量の推移を見ると、そのことがよくわかる。当初、彼女の肺活量は平均1.67リットルでしたが、現在では2.64リットルまで増加している。

これは、肺活量が58%も増加したことを意味する。

吸気力

プロのスポーツ選手のように、吸気筋を鍛えることで身体能力が向上するという研究は数多くある。ピーケーさんはプロアスリートではありませんが、それでも同様の効果があった。吸気力は、最大吸気圧を示し圧力の標準単位(cmH2O)で測定される。下のグラフは、彼女の吸気筋力の推移を示したものである。

息切れに悩んでいた70代女性の呼吸筋トレーニング・エアロフィットストーリー

エアロフィット・プロの吸気力測定は2020年初頭に導入されたため、グラフには過去30週間のデータしか表示されていない。それにもかかわらず、彼女の吸気力は17%も向上した。

呼気力

他の多くの呼吸器とは異なり、エアロフィットシステムは呼気力も測定する。肺活量の検査結果は、肺から放出できる最大の呼気圧力を示す。下のグラフは、ピーケーさんの呼気力の変化を示している。

息切れに悩んでいた70代女性の呼吸筋トレーニング・エアロフィットストーリー

彼女は過去30週間で呼気力が56%増加したことが示している。

結論

この記事では、運動目的ではなく呼吸のトレーニングをしているユーザーが、人生を変えるほどの改善をした例を紹介した。1年間のトレーニングで、肺活量、吸気力、呼気力が向上したことが測定で明らかになった。しかし、魅力的なのは単に数字の上だけではない。その大部分は、ピーケーさんの日常生活がどれほど楽になったかということだ。彼女は、2020年10月現在、30分間の歩行と1時間の掃除機がけができるようになり、身体活動に大きな変化があったと主張する。さらに、彼女はエアロフィットでのトレーニングが自分に何をもたらしたかを自分の言葉で説明した。

"...ある時、私は14日間入院し、肺が機能しなくなったために純粋な酸素を必要としていました。愕然としました。退院時には、2種類の吸入薬をもらいました。現在も使用していますが、量は増やしていませんし、むしろ、身体的に以前とは全く違う状態になっているので、自信を持って薬をやめてもいいと強く思っています。
これ以上COPDが悪化しないように、自分の役割を果たしたいと思うと同時に、薬に完全に依存したくないと思いました。私の生活の質は向上し、今では孫の生活に積極的に参加できるようになりました。肺を鍛え、その効果を目で見て感じることで、この恐ろしい病気が私から奪っていた新たな希望を感じることができました。ですから、私は他の人にもエアロフィットを購入して、健康を維持することを強くお勧めできます..."

- ピーケー

彼女のデータは、エアロフィットを長期間にわたって一貫して使用している何千人もの人々の中の、ほんの一例に過ぎない。これにより、私たちは誰でも大きな成果を上げることができ、生活を改善するのに遅すぎるということはないということが証明された。

メールマガジンに登録する

最新のワークアウトデバイスなどの最新情報をお届けします。

ご登録ありがとうございます!

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。