11週間呼吸筋トレーニングで50%以上肺活量を回復させた長距離サイクリング愛好者マイクの物語

以前は、肺があたたまるまでの30分間はとても苦しみました、、
11週間の呼吸筋トレーニングで肺活量50%改善

このケーススタディは、南アフリカ在住の薬剤師でエアロフィットユーザーであるマイク・アガサゲロウ氏から積極的に提供されたものだ。マイクは、Covid-19を含むいくつかの呼吸器系の病気から回復し、情熱を持って長距離サイクリングを再開した彼の個人的な探求について人々に知ってもらうために、自身のストーリーを共有したいと考えた。

エアロフィットはこれまで主に陸上競技の世界で知られてきたが、健康上の問題を抱える人々から、呼吸筋のトレーニングや強化によって得られる素晴らしいフィードバックがますます増えてきていることを、私たちはこのようなストーリーをもって皆さんにお伝えする。

プロフィール

名前:マイク・アガサゲロウ

性別:男性

年齢:63

診断:COPD、COVID-19

職業:薬剤師

薬剤師であるマイクは、免疫力を低下させ、呼吸器系の筋萎縮を引き起こす傾向のある健康問題や病気を克服する際に、薬を使ってでも如何に苦労するか、独自の視点と深い知識を持つ。

マイクは、多くの患者や顧客がCovid-19をそれほど深刻ではない感染症として片付けてしまうのを見てきた。不幸にも、彼の職場でCovid-19に感染した5人のスタッフのうちの1人であり、その結果、深刻な健康問題を抱えたのは彼だけだった。マイクは、回復して元の競技生活に戻る方法を見つけようと決意した。Covid-19の他にも、マイクは呼吸器系の問題を抱えていた。彼は若い頃、COPDと診断されていた。

トレーニング

エアロフィット・プロにはさまざまなトレーニングプログラムが用意されており、他の多くのユーザーと同様に、マイクは自分のニーズや目標に合わせて独自のトレーニングプランを構築することができた。

エアロフィットでトレーニングをはじめた当初、肺が弱っている状態で、本当に苦労した。彼は最初の肺機能検査のことをよく覚えていた。彼によると、肺が破裂するような感覚があったそうだ。かなりの痛みがあり、激しい咳の痙攣もあった。毎回のセッションの後、マイクの肺は疲れ果て、1日か2日は「傷ついた」と表現したように感じたが、彼は我慢した。

マイクはエアロフィットを1日か2日使った後、運動をする前に1日休むことにしていた。マイクは超長距離サイクリング愛好者で、彼の回復は、庭を歩くことからはじまり、次にトレッドミルを使い、最終的には短距離のサイクリングを行い、その間、数分ごとに立ち止まって酸素濃度をチェックした。

エアロフィットを使い始めてから、彼の回復は急速に進んだ。

ゆっくりとはじめ定期的に行うことで、安定的に効果が得られたと考えている。彼は毎日、次のプログラムモジュール「高強度」「吸気力」「呼気力」を「ビギナー」設定で複数回、1回あたり1分間使用した。

下のグラフは、彼がどのエアロフィット・プロトレーニングを行っているかと、それに費やした時間を示しています。

エアロフィットユーザー薬剤師マイクのトレーニング実績

結果

肺活量

エアロフィット・プロでは、その日のその人の肺活量を測定することを重視している。肺活量とは、1回の呼吸で肺が吸ったり吐いたりできる最大の空気量のことだ。肺活量の測定は、一日のうちの同じ時間帯に、食事の前に行うことをお勧めする。ここで重要なのは、肺活量検査の実施方法を一貫して行うことだ。

エアロフィットユーザー薬剤師マイクの肺活量改善結果

上記の結果は、マイクの過去11週間の肺活量の推移を示している。当初、マイクの肺活量は平均2.65リットルだったが、1分間の一貫した呼吸トレーニングをわずか11週間続けただけで、今では4.05リットルにまで増加した。これは、肺活量が52%増加したことを意味する。

吸気筋力

COPD(慢性閉塞性肺疾患)患者にとって、吸気筋のトレーニングが有効であることを示す研究は数多くある。呼吸筋力の低下はCOPD患者によく見られる現象であり、マイクの場合も同様である。下のグラフは、マイクの吸気筋力の向上を示している。

エアロフィットユーザー薬剤師マイクの吸気力改善結果

11週間の間に、マイクは吸気力を40 cm H2O弱から164 cm H2Oまで向上させることができた。彼がトレーニングに費やしてきた時間を考えると、この改善は傑出している。

結論

エアロフィットでトレーニングを行ったマイクは、わずか11週間で肺機能を大きく改善することに成功した。肺活量と吸気力は、始めたばかりの頃の2倍にまで向上した。

"以前は、ライドの最初の10kmや30分は、肺が温まるまで苦しかった。エアロフィットのトレーニングを受けてからは、そのようなことはなくなり、より早く自分のペースに入ることができるようになった。専門医での最後の肺機能検査は、3回繰り返された。医者は病院で呼吸器系の病気を治療し、私の肺へのダメージについて話してくれたが、彼は私が実際に検査前に比べて検査値を改善したことを信じられなかった。肺機能検査の結果は、Covid-19になる前に比べて実際に改善されていたのだ。”

マイクのグラフに示された進歩はエアロフィットユーザーが、長期間にわたって一貫したトレーニングを行うことで、多大に個人的メリットを得て、報告されている健康問題の苦労から解放された一例である。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。