ブラックフライデーセール開催中。12月2日まで。

エアロフィット・プロ専用アプリの使い方

肺活量(Accessible Lung Capacity)

狙い:肺活量の増加。呼吸回数を減らし、体力の温存につなげる。

1.サークル(Circle)

手順
6〜9秒で息を吸って、6〜9秒で息を吐く基本の呼吸筋トレーニング。

目的
・横隔膜トレーニング
・集中力アップ

2.上昇(Elevation)

手順
鼻から息を吐き、自然に息を吸う。8~28秒息を止める。呼吸を整える。

目的
・細胞呼吸の活性化
・二酸化酸素耐性の向上

3.深さ(Depth)

手順
6〜9秒で息を吸って、6〜9秒で息を吐く基本の呼吸筋トレーニング。

目的
・横隔膜トレーニング
・集中力アップ

4.柔軟性(Flexibility)

手順
息を吸って、息を吐く。息を吐き切る。4~20秒息を止める。呼吸を整える。

目的
細胞呼吸の活性化
二酸化酸素耐性の向上

呼吸の強さ(Respiratory Strength)

狙い:有酸素能力、耐久力、疲労しにくさの向上に向けた呼吸筋トレーニング。

1.吸気機能(Inspiratory Foundatoin)

手順
強く吸って、ゆっくり吐く呼吸筋トレーニング。中負荷の抵抗を加えることで吸気筋が鍛えられます。

目的
吸気力トレーニング

2.ハイパー筋力(Hyper Strength)

手順
吸って、吐いた後、早く浅い呼吸を繰り返し行う

目的
・呼吸筋トレーニング

3.息を吸う力(Inhale Strength)

手順
吐いた後、ターゲット圧力より強く吸う。

目的
吸気筋トレーニング

4.息を吐く力(Flexibility)

手順
吸った後、ターゲット圧力より強く吐く。

目的
・呼気筋トレーニング

無酸素性代謝閾値(Anaerobic Threshold)

狙い:無酸素性代謝閾値を向上させることで、より長い時間高い出力を出すことができる。

1.ダイアモンド(Diamond)

手順
4秒で息を吸い・止める8~12秒・吐く6~10秒で行う細胞呼吸を活性化させるトレーニング。

目的
細胞呼吸の活性化
・自律神経のパワーアップ
・浅くなった呼吸を戻す

2.ピラミッド(Pyramid)

手順
リラックスした状態で行う、息を吸う1・吐く1・止める2で行うマインドフルネス呼吸トレーニングです。

目的
・精神安定
・呼吸筋トレーニング

3.スクエア(Square)

手順
3~9秒間の間隔で、息を吸う・止める・吐く・止めるの4パターンを繰り返す細胞呼吸を活性化させるトレーニング。

目的
・細胞呼吸の活性化
・自律神経のパワーアップ
・浅くなった呼吸を戻す

リラックス&回復力(Relaxation & Revitalization)

狙い:リラックスしながら、筋肉の酸素量を改善し、回復スピードを向上させる。

1.コントロール(Control)

手順
リラックスした状態で行う、息を吸う・吐く等間隔で行うマインドフルネス呼吸トレーニング。

目的
・副交感神経アップ

2.マインドフルネス(Mindfulness)

手順
リラックスした状態で行う、息を吸う・吐く・止めるを等間隔で行うマインドフルネス呼吸トレーニング。

目的
・精神安定
・呼吸筋トレーニング

3.集中(Concentration)

手順
リラックスした状態で行う、息を吸う・止める・吐く・止めるを等間隔で行うマインドフルネス呼吸トレーニング。

目的
・精神安定
・浅くなった呼吸を正す

短期的パフォーマンス(Instant Performance)

狙い:呼吸筋のウォームアップ

1.パワー(Power)

手順
ゆっくり吸って、ゆっくり吐く、早く浅い呼吸を繰り返し行う

目的
パワーを解き放つ

2.プレゼンス(Presence)

手順
息を吸うと同時に筋肉を引き締め、吐くと同時にゆるめる

目的
・今この瞬間にエネルギーを集中する

参考文献:根来教授の超呼吸法

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

検索

あなたのカートは空です
購入する